おそうじスターおすすめはエアコンのクリーニングです。臭いが気になる方やアレルギーの方には特におすすめします! 料金などお気軽にご相談ください。  


お掃除代行ランキング。1番人気は家事代行サービス。まずはご相談ください。


家事や育児の代行サービスもございます。お掃除や家事が苦手な方、家事や育児を休んで自分の時間が欲しい方などお問い合わせ・ご相談お待ちしております。
 


 
 


 
 

アプリ 『JOYIN (ジョイン)』
ダウンロード方法
 
【おそうじSTAR 登録方法】

①JOYINの検索からIDで登録をタップ

 ②店舗ID 『19164』 を入力し検索

 ③出てきた画像の下の
クリップマークをタップ

 ④登録完了

 最新情報が届きます!
 

新着情報

2020.07.10

子どもの夏の感染症についてのマメ知識♪

梅雨が明ければ
夏本番ですね!
そこで夏に子どもがかかりやすい
感染症についてご紹介したいと思います

夏にかかることが多い感染症
①手足口病
②プール熱(咽頭結膜熱)
③ヘルパンギーナ
主にくしゃみ・せきの症状が出て
便から感染・プールを介して感染します


①手足口病
どんな症状が出るの?
大人がかかった場合、手・足・口、子どもがかかった場合、
さらにひじ・ひざ・おしりに米粒ほどの水疱性の発疹がでます
治療法は?
小児科を受診。比較的軽い病気なので自然に治るケースが多い
痛みや発熱が強い場合は、症状を緩和する対症療法を行います

②プール熱(咽頭結膜熱)
どんな症状が出るの?

急に38~40度の高熱、のどの腫れ・痛み、リンパ節の腫れ、
目ヤニ・涙・充血など結膜炎の症状
治療法は?
小児科や眼科を受診。症状を緩和する対症療法を行います。
高熱⇒小児科 結膜炎の症状⇒眼科を受診することがオススメ

③ヘルパンギーナ
どんな症状が出るの?
39度前後の高熱、咽頭・口の中の上あごの奥の粘膜に小さな水疱ができる
水疱が破裂して、かいよう状になることも。
5歳以下の乳児に多い。
治療法は?
小児科を受診。
対症療法を行い、症状が重い場合は解熱剤を服用することもあります

詳しい情報は、こちらを参考にしてみてください
参考サイト:https://fdoc.jp/byouki-scope/features/pediatric-infectious-diseases/

感染症を知って
症状が出た時に
あわてずに対処したいものです

深夜に症状が出て困っている場合は
子ども医療電話相談
#8000に電話してみてください


スタッフMも深夜に電話をかけたことがあります
頼りになりますよ!!

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと会津は一切の責任を負いません